Kogepan

平凡な情報系大学院生 Kogepan が書きたいことを書くブログです。

ITS研究会で発表を行いました

f:id:kogepanh:20210304210223p:plain

先日、情報処理学会の第 80 回高度交通システムとスマートコミュニティ研究発表会(ITS 研究会)で論文発表を行いました。発表タイトルは「車両走行車線区間に基づくダイナミックマップシステムのエッジサーバ割当方式」です。

私自身、初めての学会発表だったので緊張しましたが、無事終えることができホッとしています。

www.ipsj.or.jp

論文概要について

協調型自動運転の実現に向けて、ダイナミックマップという高精度3次元地図が注目されています。膨大な車両データを集約し、リアルタイムに処理を行う必要があり、クラウド上に構築するのではなく、地理的に分散配置したエッジでデータを集約・処理することで、リアルタイム生の高いダイナミックマップを構築することが期待されています。しかし、エッジコンピューティングによって常に移動し続ける車両を管理するためには、車両データの管理方法が重要です。そこで、車線を区間に分割し、固有のIDを割り当て、車両と連携して管理する手法について提案しています。

概要

近年,自動運転車両に搭載されたセンサ情報を無線通信経由で共有し安全性と効率を目指した協調型自動運転の研究が始まっている.さらに,共有したセンサ情報を管理してアプリケーションを実行するための情報通信プラットフォームであるダイナミックマップシステムが検討されている.しかし,インターネット上のクラウドで動作するダイナミックマップシステムでは,センサ情報を送受信する車両台数が増加した場合,スケーラビリティに関しての懸念がある.そこで,クラウドで管理している情報を地理的に分散配置したエッジサーバにおいて管理することで,アプリケーションを効率的に実行可能になると考えられる.本稿では,車両が走行する道路上のエリアを「車両走行車線区間」として分割し,それに基づいた ID を用いてエッジサーバを割り当てるダイナミックマップシステムを実装し,管理する車両の台数に応じた通信遅延のスケーラビリティを評価することで,エッジサーバ割当方式の有効性を検証した.

Abstract

In recent years, connected autonomous vehicles have been significantly studied. Connected vehicles use a variety of sensors, capable of sensing their environment. The dynamic map is a common integration platform, thus, incorporates the real-time traffic information into high accuracy 3D map. Due to this unique mechanism, a dynamic map attracts remarkable attention to some applications. However, the increase in traffic volume using a dynamic map platform, in case of overload in the client requests and responding by a single cloud, triggered to increase in the communication time and mislaid the data packets. Therefore, there is a need for a sustainable communication network. as a solution to this problem, in this study, we proposed the multiple interconnected distributed edge, geographically. By assigning the “Lane Section ID” with respect to control theflow of client request to each edge, which primarily act as a sub cloud, it will enhance the communication time and secure data packets. Moreover, enforce the implementation of a dynamic map platform. We have evaluated the communication time for each edge and missing data packet rate.

発表資料について

電子図書館

投稿した論文が情報処理学会 電子図書館で公開されています。

書誌レコード ID AA11515904
雑誌名 研究報告高度交通システムとスマートコミュニティ(ITS)
2020-ITS-80
9
ページ 1 - 8
発行年 2020-03-02
ISSN 2188-8965

ipsj.ixsq.nii.ac.jp